hang in there!

時々、挫けそうになる社会人1年生のブログ。 疲れた時は大好きな音楽と、仲間の笑顔を思い出して。 “hang in there!”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しくなれない自分が嫌いです。


色々考えたくて、学校にも行かず、ふらふらしていました。
心の整理がつかないうちに学校へ行ったら、誰かにひどいこと言ってしまいそうだったから。
…もう大丈夫だね。
明日は笑って学校に行くから、出来ればこの話題は出さないで欲しい。
わがままだけど、分かって欲しい。
ふさがりかけた傷に、塩を塗られるのは辛いから。
スポンサーサイト

今世紀最大の戯言をお送りしました。
しかも、タイトルで。


まったくもって、毎日寒い寒い寒い。
東北はこれだから。
もう、寒くて、昨日のロケでは倒れそうでした。
倒れるってか、凍る?
凍った、凍えた。
室内の暖かさが、まるで天国のように感じられました。
あぁ、私は生きてるんだ、って思いました。


将来について考えてみる。
私は、何がしたいのか?
毎日、毎日、毎日考えて、結論が出てこない。
辛い、怖い、逃げたい。
でも、卒業は目前に迫っているわけであって。
私の中に、まだあきらめつかない何かがあるんだ。
どうしたらいい?
もう、自分で歩かなきゃいけない。
…やだよ、もう。
笑えない、笑えないよ。
どうしたら、うまく笑えるんだろう?
雰囲気を壊すようなことだけはしたくない。

いつも頑張ってくれる、クラスメイトたちへの、私からの想い。


“ちょっと、座って休んでもいいんじゃない?”
私は、足が遅いから、あなたみたいには、走れません。
だけど、ほんの1センチだけでも、前に走ることは出来るよ。
だから次は、私が走るから、少し休憩して?
かわりばんこに走れば、タイムも縮まるかもしれないよ?


“青空がこんなに青いなんて、知らなかっただろう?”
私の好きな、漫画にでてくる台詞。
知っているはずなのに、空がとても青く見えたら、それはあなたが、今その瞬間に空を見上げるまでの間に、頑張って、前だけを見て、走ってきた証拠。
誰にも笑う権利も、攻める権利もない、あなたの努力の結果。
だけど私は、あなたにもこの青空を見てほしい。
だから、たまには、立ち止まって、この綺麗な空を見てほしい。
そしたらきっと、空以外にも、綺麗なもの、見えるでしょう?


“教えてあげてほしい”
小学校1年生と幼稚園児に、カタカナを教えてほしいって言われたら?
ひらがなを知っている小学生に、カタカナを覚えてもらうのは簡単かもしれない。
だけど、ひらがなをも知らない幼児に、カタカナを教えるのは困難だよね。
だったら、ひらがなから教えてあげればいい。
時間はかかるけど、その方が確実。
低レベルだって思うかもしれないけど、みんなに教えるって決めたら、それを投げ出すのは、あまり正しいとは言えないよね。


伝わるかな?
私は、エースさんみたいに、言葉の引き出しをあまり持っていないんだ。
でも、伝わるといいな。
今日は明日に繋がっているのだから。

続きを読む

同じクラスのHさん。
昨日は迷惑を掛けてごめんなさいでした。



昨日も学校へ行って編集するつもりでしたが、急に体調を崩し、急遽お休みをいただきました。
吐くは、下痢は止まらないは、点滴打つは、熱が39度を越えるはで、本当に死ぬ思いでした。
明日の成人式までには、何とか治りそうです。
さ、寝とくか。



ここで倒れる訳にはいかない。
2月11日までは、倒れられない。

あけまして、おめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。



さてさて、冬休みも終わり、また学校と自宅とヨークの往復が始まったわけです。
スケジュールは分刻みだ!
油断するなよ、自分。


気付いたことがあって。
もうね、自分ばっかり、とか思うのやめたの。
神戸に住む、私の姫が教えてくれたんだけど。
聖飢魔ⅡでギターやってたJail大橋元代官・大橋隆志さんって方がいます。
彼は私と同じ歳で、聖飢魔Ⅱとして地球デビューをしました。
その後、脱退し渡米したらしいのですが、詳しいことはわかりません。
彼が、今回のミサツアーで、こんな話をしていたそうです。



『自分が変われば他人が変わる。』
アメリカにいた時、護身用にナイフを持ってる友達がいて、
こんなナイフを持ってる奴に会ったとか、
そんな話ばかりしてるの。
ピストル持ってる奴もいて、
やっぱりこんなピストルを持った奴に会ったって話。
類友っていうか、同じような奴が集まるんだよね~。
だから俺、ずっと丸腰だったの。何にもなかったよ。



Aさんが「私ばかりが」って言う。
すると側にいいるBさんは「私なんか」って話し始める。
そしてCさんまでもが「私の方は」って言い始める。
しまいには、皆がそんな気持ちになっちゃうよね。
全員が、何かしら不満を抱えて生きているんだ。
自分だけじゃないのに、なんで自分が一番可愛そうだなんて思ってたんだろう?
みんなの物差しの長さが違うのは、育った環境が違うから。
自分の物差しで測って「あの人はこれしか出来てない」って言うのはお門違い。
ちょっと背伸びが正解?
誰の基準で正解?
誰が正しくて誰が間違ってるなんて、一体誰が決めるの?



仕方のないことじゃんって、分かっちゃえば、心が変わるんだ。
さて、私は変われたよ。
私が変わったから、あなたもかわるのかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。