hang in there!

時々、挫けそうになる社会人1年生のブログ。 疲れた時は大好きな音楽と、仲間の笑顔を思い出して。 “hang in there!”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月11日『zepp tokyo』で行われたface to aceのライブへ行って来ました。
ftaは2月ぶり。
とても楽しみにしていました。
朝の高速バスで仙台を出発。
お盆前という事もあり、渋滞を心配していたのですが、何とか無事に東京へ到着。
着いてすぐ、アルタでお買い物。
そして、ホテルへ移動。
浴衣に着替えて、いざ汐留へ。
そこからゆりかもめに乗り換えて会場に到着。
全席指定と言うこともあり、急がなくても大丈夫、というのが素晴らしかったです(笑)。
ドリンクを引き換えて、トイレに寄って、客席へ。
わ~、広い!!
席はどこかな~と、うろうろと探す。

え、ここですか!?

席は1階3列目のど真ん中!
エースさんのマイクのまん前。
やばい、正気でいられるかな…。
開演前に、興奮しすぎて母にメール。
あ、先生だ、こんばんは!
携帯の電源を切って、待ち構えていると5名のメンバーが登場!
…やばい、近すぎる。
か、かっこいいっ
もう、興奮して何がなんだか、分からなくなってました。
頑張って、レポ、あげたいな…。
エースさんの言葉に涙したり、笑ったり、本当に楽しい時間でした。
一緒に行ってくれた☆飢ちゃんの、隣の席のお姉さんが、エースさんの投げたピックを譲ってくれたのです。
それを☆飢ちゃんが私に譲ってくれました
ありがとう、宝物にします
物販でリストバンドを購入。
まだ開封してないです。
とても可愛いデザインだと思いました。

今まで、ftaのライブは1本(船上パーティ・インストアはミニライブですよね?)、CANTAはなんだかんだ言って8本(収穫祭含む)行ってます。
その中でも、今回のライブは一番楽しかった。
願わくば、ライブDVDか、CDになってほしい。
それくらい、音が素晴らしかったんです。


もしかしたら、書いちゃいけないのかもしれないけど。
エースさんはミサの前、10月に、北から南までのツアーを約束してくれました。
年内にもう一度見れると思わなかったので、とても嬉しいです。
お願いだから、仙台にも来てね
ただ、体を壊さないか心配
私も一生懸命頑張るから、エースさんも海月さんも、頑張ってほしいです。

ftaのツアーが始まる前に就職決めたい…(泣)
スポンサーサイト

□16日。
 朝のバスで東京へ向かう。
 一つ目のサービスエリアで、問題(?)発生。
 ノースリーブを来たおばさんが寒いと騒ぎ出し、車内の空調をオフにさせた!
 信じらんねぇ!!
 車内は猛暑(何か変だ)。
 ひどいもんだ。
 彼女はおばさんって年齢じゃなかったけど、図々しいからおばさんでいい。
 一度ホテルへチェックインし、CANTAの会場へ(もちろん迷った)。
 開演直前、HRお姉さまが私に一枚の封筒を差し出した。

 …ち、ちょおかぁぁあん!!!

 それは、長官のトレカだった。
 CANTAの会場なのに、少々正気で居られなくなった(笑)。
 そして、気になった事。
 会場に小さい子が…。
 大人の私でも耐えられない爆音に、小さな子供の耳が耐えられるのだろうか?
 終演後、お世話になってますお姉さま方とお食事へ。
 Kお姉さまが優しすぎて、泣き出しそうでした。
 いつも、有難うございます。
 そして、田舎者は終電に乗り遅れるという、過失を起こすのでした。
 上野駅から浅草のホテルまで、歩きましたよ。
 ホテルに帰ったらもう1時半でしたとさ。

□17日。
 三鷹へ行きました。
 トトロに会いました。
 可愛いこねこばすも見ました。
 ぬいぐるみを買ってしまった(^^;)
 移動して、CANTA会場へ。
 会場前でスケッチブック持って立ってたの、私です。
 チケットが2枚ほど、あまってたのよ~(泣)。
 結局売れず、会場内へ。
 番号が良かったので、ルークさん側の最前で見てました。
 といっても、一番端っこ。
 会場で珍事件勃発。
 ~ドラムローディーの彼と私~
  スタッフが出入りする扉のすぐ横で見ていた私。
  何人ものスタッフが行ったり来たり。
  そんな時、彼もやってきました。
  彼の名前を仮に石川としよう((c)ルーク篁)。
  石川さん(仮)は、耳に手を当て、ドラムの音を聴いていた。
  何か、思うところがあるのか、その場で手を腰に当てて考え込む。
  そして扉からステージ上へ行き、ドラムの調整(?)をする。
  それを繰り返すこと数回目。
  事件は起こった。
  腰に手を当てた彼の肘が、私のあるんだかないんだか分からない胸にヒット!
  気まずい雰囲気(苦笑)。
  その後数回、それは繰り返された(笑)。
  終演後、きちんと謝っておきました。
  お仕事をしている石川さん(仮)はとても素敵でした。
 そして、貧乏学生は、大人に混ざって飯食ってる場合じゃないとやっと気づく。
 その日は大人しくホテルへ戻ることにしたのです。
 会場外で、みなさんにお礼を言い、今回はお別れしました。
 また、会おうねって。
 9月、行けるといいけど…。
 ホテルに戻り、コンビにご飯を食す。
 そして、寝てしまったのだった。

□18日
 朝7時起床。
 お風呂に入って、朝ごはん食べて、チェックアウト。
 今日はライオンキングを見るのです。
 2回目だから、冷静に見れました。
 よかったよかった。
 そして、バスで仙台へ。
 旅も終わりです。

□19日
 学校。
 B班のトーク番組収録日。
 面白かったです。

□20日
 3コマ目にK班の歌番収録。
 他班の収録日は意外と暇。
 4コマ目は編集。
 そして収録したものを5コマ目に品評。
 みんなが作ったものを、みんなで見るのは楽しい。

□21日
 学校をサボって、東京へ。
 半年前にチケットを購入したCATSを、妹と見に行く。
 実は、ものすごく楽しみにしてたんです。
 CATS、大好きなので。
 東京に到着して、ホテルにチェックイン。
 原宿へ寄り道して、五反田へ移動。
 角を曲がると、シアター発見!
 妹は大興奮。
 入場して、トイレに行って、いざ客席へ。
 そこには、ゴミ捨て場が!
 嬉しくて、嬉しくて、心が躍った。
 座席はどこかな~と思っていたら、会場係りの方が案内してくれました。

 えっ、舞台の上に上がっていいんですか!?

 なんと座席までの道のりとして、ステージ上を歩かせてくれるんです!
 これには感動しました~。
 いや~福井マンク、かっこいいわ~vv
 キャッツは語るときりがないので、やめときます。

□22日
 妹とお台場へ。
 毎年毎年頑張るね~、フジテレビ。
 そして、新幹線に乗って、仙台へ帰りました。

□23日
 吹奏楽コンクールの、受付アルバイト。
 母校(中学)の演奏を聴いた。
 正直、ひどかった!
 終わったら、レジバイト。

□24日
 吹奏楽コンクールの、受付アルバイト2。
 終わったら、またレジバイト。

□25日
 疲労困憊で起きれなかった。
 夕方からバイト。

□26日
 バイトは休み。
 だらだら生活。

□27日
 朝からバイト。
 14時上がりで、バスに乗り込み仙台駅へ。
 高速バスに乗り込み、東京へ。
 明日は就職試験だ~。
 バスの中で、頭痛はするわ、寒気はするわ、節々痛くなるわで、大変。
東京についた時は、死にかけてました。

□28日
 就職試験。
 一応、頑張ったつもり。
 いろんな意味で泣きそうでした。

□29日
 疲れすぎて、発熱。
 バイト休んで、クレヨンしんちゃん見ました。

こんなもんかな。

6月23日
 授業を抜けて、東京へ旅立つ。
 高速バスはもう慣れたので、苦はない。
 なかったはずなのに…。
 授業を抜ける前に、I先生に報告を。
 「先生!東京に行ってきます」
 先生「何でいくの?」
 「あ、バスで行きます」
 先生「ふ~ん…事故に遭わないようにな?もし事故に遭ったら、絶対に写真を撮るんだぞ?」
 …先生~
 バスがすっごく怖かった。
 たどり着いた新宿駅で、泥酔した人を見て、さらに怖かった。
 その晩は姉の家にお泊り。
 姉が海老狂だと知り、驚愕。
 今度海老をプレゼントしようかな(笑)
 夜は熱いトークで就寝。

6月24日
 朝、仙台に帰る姉と別れて、一人新宿へ。
 ロッカーに荷物を入れる。
 ここで私は重大なミスを犯す。
 JR新宿駅の中に荷物を預けてしまったのだ。
 地下鉄しか使わないのに~!!
 とりあえず、地下鉄を乗り継いで、目的地へ。
 地下鉄では迷わなかったが、会場を探すのに迷う。
 結局1時間以上迷ったすえに、現地の方に聞いて無事到着。
 とても楽しい会社説明会に参加。
 その後、結局、地下鉄で池袋まで行き、そこからJRに乗り換えた。
 初めて池袋を見た。
 言葉では表せないものを感じた。
 新宿から歩いてホテルへ。
 ご飯を食べて、10時からは楽しみにしていた閣下のラジオ…と思ったら。
 閣下は風邪でお休み。
 せっかくクリアな音で聞けると思ったのに。
 その日は疲れたので、1時頃に就寝。

6月25日
 朝風呂に入って、ホテルをチェックアウト。
 前日に予約した劇団四季のライオンキングを見ることに。
 浜松町まで行き、少し迷いながら、到着。
 そこで、すばらしい体験をたくさんしました。
 舞台は感動の一言。
 あまりの感動に、冷静に見れなかった。
 四季のすごさを改めて実感した。
 ここで働きたいって、思った。
 心の底から、思った。
 どんな努力だって惜しまない。
 私を、あの劇団に入れてください。

今回の東京遠征は、私の生きる道を改めて確認するものになりました。
うん、がんばろう。

6月3日
 聖飢魔Ⅱ再結集のニュースを聞いて、興奮が冷めない。
 そんな状態で福島入り。
 学校行事で校外学習へ行きました。
 ラーメンと激安激ウマ和菓子を食べて帰ってきました。
 仙台に着いたら、友人と県民会館へ劇団四季の舞台を観に行きました。
 いや~、オンディーヌ可愛い。
 ハンスがかっこよくて、一瞬福井さんより石丸さん!と思った自分に鬱。
 大丈夫、マンクでタガーなあなたが一番かっこいいから。

6月4日
 昼過ぎまで寝てました(爆)
 夕方からバイト。
 興奮が冷めない。

6月5日
 朝からバイト。
 夕方6時にあがって、おじさんと別件のお仕事の打ち合わせ。
 締め切りがやばい(汗)
 でも頑張る。
 自給千円って、すごいよ~。
 私のバイトの自給は730円。
 おじさんが私を家に送ってくれたので、そのまま一緒にご飯を食べた。

6月6日
 学校が終わった後、買い物に行き、夕方のバスで東京へ。
 就職活動だ。
 バスの中で、本を読もうと思っていたのに、どこにも売ってなかったので、仕方なく寝る(笑)。
 到着した新宿駅で、携帯ラジオを取り出し、閣下のラジオを拝聴。
 再結集宣言を聞き、顔が緩む緩む。
 すれ違う人々の、不審な目(苦笑)。
 でも、うれしかったんだもん。
 仕方ないじゃない。
 そして一曲目がアルカディア!
 粋な計らいに感謝。
 でも、新宿駅に入った途端に、音が切れた。
 実家で妹が録音してくれたのを楽しみにスイッチを切った。
 駅で路線図を見て「いくらかな~」って考えてたら、外国の方に声をかけられた。
 「スミマセン、ロッポンゲハドコデスカ?」
 …私が知りたい。
 結局教えてあげられなかった。
 ごめんね、外国人さん。
 駅前でお姉ちゃんと合流。
 久々の再会に心が躍る。
 電車に乗ってお姉ちゃんの家へ。
 とても素敵な住宅地。
 住みやすそうだね。
 その夜は、お風呂に入って、不思議なCDを聴いて寝ました。

6月7日
 7時起床。
 …出来る訳もなく。
 起こされた。
 恥ずかしい。
 お姉ちゃんは大学があるので、8時過ぎに家を出る。
 高田馬場の某ファーストフード店で履歴書を書く(バカ)。
 ぎりぎりに店を出て、新宿へ移動。
 新宿で証明写真を撮影。
 迷いに迷った地下鉄の中とホームで履歴書に写真を貼る。
 とことん最低。
 そして企業説明会会場までの道のりでも迷う。
 迷いすぎ。
 説明会が終わり、お姉ちゃんの通うW大学まで移動。
 キャンパスに大興奮!
 エースさんもここに通っていたのね…vv
 ときめく私に、お姉ちゃんと友人が苦笑。
 二人とも、W生。
 うらやましい!!
 エースの後輩だし~。
 その後、高田馬場までお散歩。
 そして某ドーナツショップで夕飯。
 久々に会うと楽しいね。
 友人と別れ、お姉ちゃんの家に帰宅。
 夜は、本を読んだり、ビデオを見たり、恋の話をしたり。
 時が経つと、人は変わるんだと思って、すこし寂しかった。

6月8日
 6時30分起床。
 頑張っておきる。
 他愛もない会話をしながら、身支度。
 今日でお姉ちゃんとはしばらくお別れ。
 寂しくて、少し切ないね。
 高速バスに乗り込み、地元へ向かう。
 地元に到着し、学校へ。
 あ、照明が新しくなってる。
 学校が終わって、バイトへ。
 疲れる一日だった。

6月9日
 朝、起きて父に「お前に郵便来てるぞ」と一枚の封筒を渡された。
 スーパーギタリストから…!
 CANTAのチケットだ!!
 生まれて初めてあたった懸賞は、CANTAの追加チケットだった。

まぁ、こんなもんかな。


朝7時。
携帯の目覚ましが鳴り、母に「煩い」と叩き起こされる。
ちなみに、曲はCANTA。
まだ眠い。

朝食はありがちバイキング。
ご飯とパンを両方食べ、父に笑われる。
そんな父はご飯を3杯食べていた…。

その後、妹と温泉へ行く。
朝からお風呂って、贅沢やね。

チェックアウトをして、最寄のJRまで兄を送っていく。
兄はバイトがあるので、すぐに山形まで帰らないといけなかったのです。
少々のトラブルはあったものの、何とか兄を送り出す事が出来ました。

そして、いろいろな観光名所へと引っ張りまわされる。
眠いのに、色々行く。
お昼ご飯を食べて、また観光。
勘弁してくれ、眠いってば。

結局仙台に着いたのはバイトの一時間前。
どうしても眠くて、一時間だけ寝る。
バイトは、なんとかなりましたが、辛かったです。

旅行自体は楽しかったけど、疲れました。
ともあれ、おばあちゃん、おめでとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。